■ 環 境 に 優 し い 経 済 的 な 中 大 規 模 木 造

施設を木造にすることで入居者やスタッフに対して他の施設と違う居住性の良さを提供し差別化を図れます。また、環境にも優しく建設コストの抑制につながります。当社としては他社に先駆けて中高層木造施設に取りみ、競争力のある魅力ある施設を提案し計画しています。


木 造 施 設 の 特 徴

・建設費の抑制-ライフサイクルコストの削減―
・環境に優しい-RC造に比べて建設時のCO₂排出量が約半分-
・居住性が良い-断熱性が良い壁と弾力性のある床-

作 品

特別養護老人ホーム  花畑あすか苑

花畑あすか苑は1 階が鉄筋コンクリート造、2 階から5 階までが木造の立面混構造となっており、日本初の5 階建て木造耐火建築物による特別養護老人ホームである。延床面積は、9,000 ㎡超となっており、枠組壁工法の耐火建築物としては日本最大級の建物となる。2 階から5 階の木造階の構造計画にあたり、耐火建築物にともなう建物重量の増加による耐力壁の必要水平せん断力の増加に対して、プラン自由度を確保するため高強度耐力壁が必要であった。そこで、本計画では内部耐力壁に枠組壁工法の 高強度耐力壁としてカナダのFPInnovations で開発されたMidply Wall System(ミッドプライ・ウォール・システム、以下MPW と示す)を、外壁に木割れ低減釘を用いた両面合板張りによる高強度耐力壁を採用している。本建物は、従来の枠組壁工法の技術とMPWなどの新しい技術の融合により、中高層・大規模の木造耐火建築物の 設計及び建設の可能性を追求し、実現できることを示した先導的事例といえる。

特別養護老人ホーム  洛和ヴィラ文京春日

東京都の都心に立つ特別養護老人ホームである。広い空間が求められる地域交流スペースや厨房等がある1階と地下を鉄筋コンクリート造とし、居住区である2階から4階を木造としている。木造にすることで入居者に対する居住性の良さと、建物の荷重が減る事で杭を無くすなど建設費の抑制を実現している。

有料老人ホーム  アライアンス御舟

病院の隣接地に住宅型有料老人ホーム60戸の計画である。建設費が東日本大震災の復興等により上昇している時の計画で、消費税率変更もあり、計画に4、5ヶ月、工事に6ヶ月と短期間で進行させたプロジェクトである。耐火木造(2’×4’工法)によりローコスト化を図った。また減価償却年数が短いことにより税制の優遇もあり工期も短くできた。

地域密着型特別養護老人ホーム  穂の香

特別養護老人ホームを運営している法人が隣接地に地域密着型特別養護老人ホーム。29名の施設で建築コストをなるべくおさえるため、平屋建てにした例である。平屋建てにする事で、屋根の変化に対応した内部空間ができる。建物は眺望を重視し、居室をなるべく周囲に配置した。また、中庭を設け、廊下浴室などにも窓を設け明るくした。

岩舟博愛クリニック

療養型の病院を老健化するにあたり、外来部門を独立させて隣接地に診療所を開設した。通所リハビリ施設を併設し、リハビリに適した環境づくりとして木造を選択した。天井を高くとり、構造材としての木材を表しにして快適な空間を形成している。

カノープス・デイサービスセンター

医師会の運営する老健に隣接して設けた通所介護施設。高齢者施設に適する環境として木造とした。高い天井と大空間をトラフ梁、一部鉄骨梁の併用によりローコストにて建設した。

特別養護老人ホーム  ポピー

60名の入所施設。RCと比較して建物荷重を軽くすることで基礎の負担を軽くし、コスト削減をした。木造による温かさを感じられるように建物全体を明るくデザインした。